不妊治療

まずは原因の究明から

当クリニックでは、不妊治療を行っていますので、お気軽にご相談ください。お越しいただいた際は、まず身体に妊娠の妨げとなっている疾患、子宮筋腫・卵巣疾患・子宮内膜症・性感染症などがないかを検査します。

子宮卵管造影法(HSG)

特に重要なのは子宮卵管造影法(HSG)による検査です。これは、子宮口から造影剤を入れてレントゲンを取ることによって、卵管が通っているかどうかを確認できる検査です。また、検査をすることで卵管の通りが良くなるため、妊娠しやすくなるという治療効果も確認されています。なお、当クリニックでは油性造影剤を使用しているため、事前のアレルギー検査が不要で、さらにくっきりとした検査画像が得られるというメリットがあります。

男性の精液検査

当クリニックでは、男性の精液検査も行っています。不妊の原因のおよそ半数は、男性にも関係があると言われていますので、併せて検査を受けてみてはいかがでしょうか。なお、精液検査はご自宅で容器に採取して、お持ちいただくことになります。

検査当日、造影剤を入れた直後の様子

 
 

後日、造影剤が子宮内に拡散した様子

 
 

タイミング法

基礎体温だけでなく、超音波検査やホルモン検査などの結果に基づいて排卵日を予測し、妊娠確率の高い日に性行為を行っていただく方法です。ご自身で予測するだけでは排卵日を正確に把握することは難しいため、クリニックでタイミング法を実施するだけで妊娠する女性も珍しくありません。もちろん、1回目で必ず妊娠するというわけではありませんので、焦らずに続けていくようにしましょう。

豊富な経験に基づく不妊治療

当クリニックの院長は、日本産科婦人科学会認定の専門医であり、大学病院で不妊症班に属し、多くの不妊治療経験を積み重ねてきました。様々な事例に照らし合わせて、あなたにピッタリのアドバイスをさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

  • メディア情報
  • スタッフブログ
  • 求人情報